諸葛しょかつかく 元遜 げんそん
琅邪国ろうやこく ] (203 ~ 253) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 諸葛恪 を調べる

諸葛 恪(しょかつ かく)は中国の三国時代の政治家。呉に仕えた。字は元遜。諸葛瑾の長男で、蜀(蜀漢)の丞相の諸葛亮の甥にあたる。弟に諸葛喬・諸葛融。子は諸葛綽・諸葛竦・諸葛建。 概略 孫権時代 若い頃から機知と才気に長けていた。一方で性格は父・諸葛瑾や叔父の諸葛亮とは正反対と言っても良く、思慮深いとは言えず、いい加減で、野心家であり、弁論でも他人をやりこめるのが得意であり、才能をひけらかすのが好きだった。 逸話として、宴の最中に引き出された驢馬の額に、孫権が戯れて「諸葛子瑜」と書いたことがあった(子瑜は諸葛瑾の字、諸葛瑾は面長であったとされる)。一座の者は大笑いしたが、父を馬鹿にされて面白くない幼少の諸葛恪は、その下に「之驢」と2文字を書き加え、「諸葛瑾の驢馬」という意味にした。孫権はじめ一座の者は諸葛恪の機転の良さに舌を巻き、その驢馬は諸葛瑾に与えられた。また、孫権に「お前の父と叔父と、どちらが偉いか?」(現代に至るもそうだが、当時も諸葛亮のほうが評価が高かった)と問われた際に、「父です。

諸葛恪が登場する文献

1-301,1-303~304,1-307,3-130,3-449~452,3-455,4-217,4-237~239,4-255,4-271~272,4-316,5-148~149,5-151,5-403~404,5-416,6-139,6-143,6-149,6-151~152,6-154,6-159,6-166~168,6-176,6-178,6-317,6-360~361,6-374,6-377~378,6-388~391,6-400,7-30~31,7-118,7-126~127,7-153~154,7-171,7-180,7-189,7-214,7-293~294,7-312,7-317~320,7-323,7-334,7-337,7-344,7-348,7-374,8-88,8-127~131,8-136,8-147,8-173.

諸葛恪の一族

No Data